給湯器の水道工事をする際に注意すること

給湯器のトラブルの場合には、かなりの確率で水道修理業者に工事を依頼することになります。そのため、自分で修理をすることになったとしてもまずは24時間対応の水道工事業者に連絡を取ってみることが肝要です。

給湯器 水漏れを見つけたら

給湯器から水が漏れている場合、専用の工具が自宅にある場合には、ネジなどの緩みを確認してみるといいでしょう。ネジの緩みを締め直したことで水漏れが解消されれば、特に問題はないことになります。自分で修理する際の注意点として、ネジなどを締めなおすときにはきつく締めすぎてしまって、給湯器の破損を起こさないようにしなければなりません。しかしネジなどのゆるみが見られない場合にはほかの場所に不具合が起きている可能性があるため、プロの業者に修理を依頼して状況の確認を依頼します。

■修理期間の確認

業者に修理を依頼した結果、給湯器の耐用年数が近づいているなどの場合、給湯器の交換を進められることがあります。給湯器の交換修理をお願いする場合にはどのくらいの期間が必要になって来るのかを確認しておかなければなりません。給湯器が使えなくなってしまうとかなり不便な状態になってきますので、その間の対策を考えておくことも必要です。


■まとめ
給湯器からの水漏れが起きてしまったら、すぐに自分でできる範囲の確認します。それでも症状が回復しない場合には専門の業者に連絡をしてみて、給湯器の修理をお願いしてみるようにすると良いでしょう。給湯器が使えない期間の対処法についてもあらかじめ考えておくようにすることも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ