給湯器の水道修理工事のポイント

給湯器からの水漏れの原因としては、経年劣化がその主たるものになります。新品の間はほとんど水漏れを起こすことはありませんが、使っているうちに色々なところが消耗してしまって、最終的には水漏れを起こしてしまうようになります。給湯器の修理をする場合、心得ておくべきことについて紹介します。

給湯器 修理のポイント

一般的に給湯器が経年劣化してしまう期間は10年ほどと考えられています。従って、10年近く使っている給湯器からの水漏れの場合には新しい給湯器に交換をしてしまう方がベターであると言えます。
給湯器の交換は素人では非常に難しいものですので、必ず専門の水道工事業者に依頼をしてそれを進めていくことが肝要です。給湯器が使えないのは非常に不便なことですので、出来るだけ短い期間で工事が完了することを考えて業者選びをしましょう。

■給湯器の調整

給湯器には寿命がありますが、使い方によってはその期間を長くすることもできます。ガス給湯器は排気口周辺が狭い場合、排出したガスによって不完全燃焼が起きることもあり、給湯器に負担がかかります。そのため十分換気ができるスペースを確保できるところへ設置することで、負担を軽減できます。また、修理用の交換パーツは一定年数を過ぎると製造されなくなり、修理対応できなくなる場合もあります。そのため設置して7年から8年程度を目安に業者へ点検を依頼することで、パーツの供給がストップする前に修理することができ、結果的に給湯器の寿命を延ばすことにつながります。

■まとめ
給湯器には寿命がありますので、寿命を迎えてしまった場合にはプロの業者に依頼して新しい物に交換することがお勧めです。また、常に快適に装置を使って行くことを考えるのであれば、定期的に装置の調整を水道工事業者に御願いしてみてもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ